炭酸パック製品の違い

最近では、多くのメーカーからいろいろなタイプの炭酸パック製品が販売されるようになりました。

炭酸ガスを肌に送り込んで美容効果を得るという原理は変わりませんが、
それぞれの製品によって特徴があります。

炭酸パックを初めてされる方の中には、
炭酸パックの刺激を気にされる方がおられるかもしれません。

この炭酸パックの刺激は製品によって差があります。

確かに炭酸パックの刺激というのは、個人の肌質や炭酸パックをおこなうときの
肌の状態によっても変わってくるのですが、
炭酸パックの刺激が大変マイルドな、ほとんど感じないといっても過言ではないような炭酸パック製品もあります。

炭酸パック製品の大きな違いの1つは配合されている美容成分です。
アスコルビン酸、褐藻エキス、オシリフト、コラーゲン、コエンザイムQ10など、
現在販売されている炭酸パック製品には、いろいろな美容成分が含まれていますが、
これは、それぞれの炭酸パック製品によって違いがあります。

自分の得たい成果をもたらしてくれる炭酸パックをさがすには、
この美容成分に注目するのもひとつの方法です。

形状でのおおきな違いは、1剤タイプと2剤タイプの炭酸パックがあることです。
1剤タイプの炭酸パックは、パッケージから出してそのままパックをおこないますが、
2剤タイプの炭酸パックは、ジェルに発泡剤であるパウダーを混ぜることによって
炭酸ガスを発泡させます。

また、2剤タイプの炭酸パックでも、
1回分が個別にパックされているものと、
大容量の容器に入っていて、自分で計量してジェルとパウダーを混ぜるものもあります。

このように、ざっと見ただけでもいろいろな種類の炭酸パックがありますので、
自分の希望を考えて、自分にあったものを選びたいものです。

炭酸パックの効果~美肌・美白~おすすめ口コミランキング!というサイトでは、炭酸パックについて詳しく説明されています。