炭酸パック製品の違い

最近では、多くのメーカーからいろいろなタイプの炭酸パック製品が販売されるようになりました。

炭酸ガスを肌に送り込んで美容効果を得るという原理は変わりませんが、
それぞれの製品によって特徴があります。

炭酸パックを初めてされる方の中には、
炭酸パックの刺激を気にされる方がおられるかもしれません。

この炭酸パックの刺激は製品によって差があります。

確かに炭酸パックの刺激というのは、個人の肌質や炭酸パックをおこなうときの
肌の状態によっても変わってくるのですが、
炭酸パックの刺激が大変マイルドな、ほとんど感じないといっても過言ではないような炭酸パック製品もあります。

炭酸パック製品の大きな違いの1つは配合されている美容成分です。
アスコルビン酸、褐藻エキス、オシリフト、コラーゲン、コエンザイムQ10など、
現在販売されている炭酸パック製品には、いろいろな美容成分が含まれていますが、
これは、それぞれの炭酸パック製品によって違いがあります。

自分の得たい成果をもたらしてくれる炭酸パックをさがすには、
この美容成分に注目するのもひとつの方法です。

形状でのおおきな違いは、1剤タイプと2剤タイプの炭酸パックがあることです。
1剤タイプの炭酸パックは、パッケージから出してそのままパックをおこないますが、
2剤タイプの炭酸パックは、ジェルに発泡剤であるパウダーを混ぜることによって
炭酸ガスを発泡させます。

また、2剤タイプの炭酸パックでも、
1回分が個別にパックされているものと、
大容量の容器に入っていて、自分で計量してジェルとパウダーを混ぜるものもあります。

このように、ざっと見ただけでもいろいろな種類の炭酸パックがありますので、
自分の希望を考えて、自分にあったものを選びたいものです。

炭酸パックの効果~美肌・美白~おすすめ口コミランキング!というサイトでは、炭酸パックについて詳しく説明されています。


炭酸パックの効果—ターンオーバーの正常化

炭酸パックは即効性が高く、パック後すぐに肌の引き締まりやリフトアップ、美白や美肌効果などを実感できます。
同時に、炭酸パックの効果として挙げられるのがターンオーバーの正常化です。

ターンオーバーが正しく行われることは、美しい肌をつくるのに大変重要なことです。
炭酸パックは、血行・血流を促進し、肌の新陳代謝を促します。
ターンオーバーが正常に行われることで、
肌細胞がきちんと生まれ変わることができ、美肌に欠かすことができないセラミドが生成されます。

肌の最も外側は皮脂によってバリア機能が働いています。
これが一次バリアですが、その次に二次バリアを担当しているのがセラミドです。
セラミドは、肌細胞の細胞間脂質の50%以上をしめる大変大切な成分です。

セラミドは二次バリアとして、外部からの細菌や刺激などを防ぐだけでなく、
その高い親水性で水分を抱え込み、肌にとって大変重要な保湿を担っています。

セラミドは加齢を始めとする様々な要因で減少しますが、
セラミドが減少すると、乾燥肌や敏感肌などを引き起こしやすくなり、
様々な肌トラブルを招きかねません。

逆に、どうしても肌トラブルが改善されない場合は、セラミドの不足を解消することで、
改善する場合があります。

《セラミドに関する参考サイト》
セラミド美容液人気ランキング~セラミドとおすすめのセラミド化粧品:セラミドとセラミド美容液に関するサイトです。


炭酸パックの効果—目の下のクマ

炭酸パックの効果にターンーオーバーの正常化が挙げられることは、既に書きましたが、
ターンオーバーによって、メラニンの排出が正常に行われると、
シミの改善、美白につながります。

目の下のクマに悩んでおられる方が多くおられるようですが、
目の下のクマには3種類あり、
メラニンの排出は、そのうち、茶クマといわれるものの改善につながります。

また、炭酸パックによって、血行、血流が促進されると、
血行が悪くなることによって起こる青クマが改善されます。

また、黒クマと呼ばれる目のクマは、目の下の皮膚がたるむことによって、
影ができ、それがクマとして現れているものです。
炭酸パックによって、目の下の皮膚がハリを取り戻すと、
黒クマも改善されます。

目の下のクマの最大の原因は、血行不良です。

血行の促進と新陳代謝の活性化は、炭酸パックの最も大きな効果です。
目元のクマに、炭酸パックは有効といえるでしょう。

こちらのサイトでは、目の下のクマの取り方について書かれており、その中で炭酸パックも紹介されています。